旅する熊本「心もやわらぐ南阿蘇」

阿蘇五岳の雄大な景観を望む南阿蘇は、清らかな湧水や豊かな自然に恵まれた見どころの多い地域です。

昨年4月の熊本地震とその後の豪雨の影響で、南阿蘇一体は大きな被害を受けました。交通網も寸断し、不便な状況が続きましたが、昨年12月に県道熊本高森線(俵山トンネルルート)が暫定開通し、復旧が進んでいます。トンネルを抜けると目の前に広がる雄大な阿蘇の山なみは、何度見ても心を動かされる美しい風景です。

南阿蘇で見つけたすてきなスポットをご紹介します。

やさしい味わいの焼きたてパン

ベーグルやクリームパン、サンドイッチなどがずらりと並ぶ「Dacco(だっこ) bread + cafe」は、平日だけのパン屋さん。品定めしている間にも次々にパンが焼きあがります。カフェが併設されているので、焼きたてのパンを店内で味わうことができます。

IMG_7388

広いカフェスペースには絵本などもそろい、子どもづれでもゆっくり過ごすことができます。家族のために買い求める人が多いので、「家族に安心して食べさせたいものを」と、地元の食材を使って丁寧に手作りされています。

◆Dacco bread + cafe 火・水・木・金曜11:00~18:00(祝日の場合休み、臨時休業の場合あり) http://blog.goo.ne.jp/373log https://www.facebook.com/Dacco373/

南阿蘇で出合う本

「Dacco bread + cafe」の隣に、本をぎっしり積み込んだバンが1台。南阿蘇の移動本屋さん「310Books(サンイチゼロブックス)」です。新刊書店のない南阿蘇で本屋さんを開きたいと準備していたところ、熊本地震が発生。いったんはあきらめかけたものの、車に本を積んだ移動本屋さんを思いつき2016年6月にオープンしました。

IMG_7385

地元の人たちに求められるものを意識し、幅広いジャンルの本を並べ、注文にも応じています。週3日開店する本屋さんでは、かわいい赤ちゃん店長が迎えてくれます。どんな本と出合えるのか、読書の楽しみを広げてくれる本屋さんです。

◆310Books 水・木・金曜11:00~14:00(雨の日は休み、臨時休業の場合あり、他イベントなど出店あり)  https://www.facebook.com/310books/

阿蘇の米、水、人が生み出す「阿蘇の酒」

高森町の山村酒造は、宝暦12年(1762年)創業の熊本で最も古い酒蔵です。標高550mの地点にあり、冬は厳しい寒さが続きます。寒造りの「阿蘇の酒れいざん」には、この寒さが大切です。

古来、人々は気高い山を神々の宿る山「霊山」と呼びました。「れいざん」は、阿蘇の米、阿蘇の水、阿蘇の人によって造られる「阿蘇の酒」。豊かな自然が息づく「霊山阿蘇」にちなみ、名づけられた日本酒です。

淡麗辛口の「れいざん」は、すっきりとした味わいで食事と一緒に楽しめる「食中酒」。2杯、3杯と飲み飽きることなく、食事もお酒も引き立てるような酒造りを目指しています。

この冬仕込みを行った新酒が並び始める季節。現在、第29回「新酒とふるさとの味まつり」開催中です(2017年3月12日まで)。期間中、高森町内の飲食店や宿泊施設でのみ、限定の新酒を味わえます。高森町では「さけかすさんぽ(5歩目)」も開催中。スタンプラリーも行っています(3月12日まで)。

山村酒造 http://shop.reizan.com/
高森町観光協会 http://aso-takamori.jp/

◆「南阿蘇ラブレターアワード2016」

「南阿蘇を愛の聖地に」という合言葉から生まれた「南阿蘇ラブレターアワード」。第2回目となる今回は、南阿蘇にちなんだ写真と文章を募集。大切な人への想いや、南阿蘇への応援の気持ちが詰まったすてきな作品が集まりました。入選作品をWEBサイトで公開し、一般投票により順位が決まります。現在、投票受付中です(2017年2月28日まで)。

南阿蘇ラブレターアワード http://aso-loveletter.jp/

みなみあそ村観光協会 http://minamiasokanko.jp/

(2016年11月・2017年1月取材/文・写真 ゆうプランニング野口)

IMG_7316

It's only fair to share...Share on Facebook
Tweet about this on TwitterShare on Google+